読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みなりん*のブログ

内容はなんでもありです。暗号通貨に特化している訳ではありません。

Fixkit デジタルクランプメーター AC/DC電設計測器 TL-M4 を試す

電子工作から車いじりまで、テスターは色々な場面で役に立つ事が多いと思います。

皆様も、一般的なテスターは使った事があるのではないでしょうか。

ただし、今回紹介するのは、クランプメーターです。

f:id:mizunashi_rin:20161207133104j:plain

こちらの様なクランプメーターは、何でもクランプで挟めば測定出来るという物ではありませんので注意も必要です。

基本的には、通常のテスターと比べて次の利点があります。

  • 計測するケーブルを外したり切断する事なく交流・直流の電流値が測定できる
  • 交流の周波数及びデューティー比が測定できる(クランプを使っても使わなくても測定はできるが、一般のテスターにはその機能が無い事が多い)

 では、こちらの商品でのテストを行ってみたいと思います。

まずはクランプを使う測定を紹介していきます。

 

交流電流

自宅の配電盤を開けたところです。一般家庭では、単相3線式の電気が来ていますので、こちらの赤・白・黒の線を利用します。

事前知識として、交流100Vをこの配線から得る為には、赤と白 又は 黒と白の配線から分岐する事で実現されています。間違えて、赤と黒の配線から電源を取り出すと交流200Vになりますので、ご注意下さい。

f:id:mizunashi_rin:20161207134416j:plain

まずは、自宅の電子レンジが繋がっている配線が、赤と白の配線から出ている事が分かっていますので、60Aスケールの電流測定にロータリースイッチを合わせ、赤の配線をクランプします。そして液晶にて交流測定モードになっている事を確認。

現在1.6Aの電流が流れていると表示されました。ここで、電子レンジを500W温めモード固定で動作させてみます。

f:id:mizunashi_rin:20161207140310j:plain

14.41A流れました。

元々流れていた電流を差し引くと、電子レンジに12.81Aの電流が流れている事になります。このブログとは関係ありませんが、効率悪いです。

 

交流周波数

続いて交流周波数です。先程説明した電流測定モードから、[Hz%]ボタンを1回押す事により、周波数測定モードに入ります。

f:id:mizunashi_rin:20161207140904j:plain

50.02Hzと表示されました。東日本なので50Hzと表示されていますが西日本だとこちらの表示が60Hzになります。

 

交流デューティー比

上の周波数表示が出ている画面からさらにもう一度、[Hz%]ボタンを1回押す事により、デューティー比測定モードに入ります。

f:id:mizunashi_rin:20161207141509j:plain

49.9%と表示されています。こちらは一般的な交流ですので50%付近になるのは当たり前となります。

デューティー比とは、電圧がかかっている時間とかかっていない時間の比になります。

高度なモーター制御等、高速にオン・オフを繰り返す環境にてスピード制御等をしている場合には、デューティー比が50%でない状況が観測できます。

 

直流電流

こちらのアンペア測定レンジが、600Aと60Aとなっておりますので、微弱電流の場合は普通のテスター測定した方が値も正確で良いと思われます(電流測定対応品に限る)。

今回は、12V変換装置から出ている直流のプラス側の線にクランプをはさみ、測定スケールを60Aの直流モードにセット。車用のシガーライターを差し込み電流を流してみました。

f:id:mizunashi_rin:20161207144138j:plain

上記の様に、6.30Aの電流が流れている事を確認。

本来なら、車のエンジン始動時のセルモーターの電流を測ってみるテストをしたかったのですが、車がありませんでした。

突入電力は100Aを軽く超えますので、面白い実験になったと思います。

 

NCV測定(電場・非接触検知)

NCVボタンを押している間は、このモードになります。

電圧が110V(RMS)より大きなものが近くにある場合に、音が鳴る事で教えてくれます。

 

 

ここまでの説明が、クランプを利用して測る事のできる測定一覧となります。

なお、説明では省略していますが、それぞれの測定には、MAX値/MIN値の測定に加え、HOLDモードもありますので、用途によって色々と便利に使えます。

 

テスターリードを使って測定できるモード一覧 

こちらは、一般テスターと同様となりますので、一覧として記しておきます。

  • AC電圧:6V/60V/600V
  • DC電圧:600mV/6V/60V/600V
  • 抵抗測定(ダイオード測定可)
  • 通電測定
  • コンデンサ容量測定
  • 温度測定(1番最初の写真の1番左のコードを用います)

 

最後に

クランプ型のメーターは、とても種類が豊富です。先端に使用されている電界センサーも目的別によって3つ程方式があります。

交流を測るだけでも、測定方式として「平均値」と「実効値」(RMS)という2つの測定方があります。どちらを利用するかによってクランプメータも選んで使う必要があります。

この様に何に使うのかという理由で、どのクランプメータを買えば良いのか、複数必要なのかといった事まで考慮する必要があり、本来ならばプロの現場で使われる物です。

今回は非常に値段に見合った価格にて、目的の電流値を配線を切断する事なく測定するという場面において、非常に力を発揮してくれました。

 

 

世界最大容量クラスのモバイルバッテリーを試す [Quick Charge 3.0対応] AUKEY モバイルバッテリー 30,000mAh

こちらの製品を評価するにあたり、多大な時間がかかりました。

何せ、充電と放電を繰り返す為に膨大な時間を費やしています。まだやりたい事は沢山ありますが、一度現時点で記事にしてみようと思います。

 

外観

下のモバイルバッテリーが、今回紹介させていただく30,000mAhのモバイルバッテリーです。比較として、12,000mAhのモバイルバッテリーとライターが置いてあります。

f:id:mizunashi_rin:20161205122945j:plain

他メーカーの28,000mAhと比べると、少し小さく感じます。これは、単に横及び縦を大きくしたのではなく、厚みを持たせる事により全体的に小さく感じます。

以下の画像では厚みの違いが良く分かる様に撮影しておりますが、そこまで厚いという訳でもありません。

f:id:mizunashi_rin:20161205123347j:plain

正確なサイズは、150.5mm × 84mm × 29mm で、重量は、550gとなります。

これが重いか軽いかは、その人にあった使い方によりますので、判断はできません。

 

充電性能

最近のモバイルバッテリーを色々と検証しておりますが、表示容量まで充電出来た試しがありません。そこで実際に電池を空にしてから満充電のランプが付くまでどの程度の電力を吸い込めるかという実験をしました。

 

まず、マニュアルにQC3.0対応充電器を使用する事によって早く充電ができるとの記述がありましたので、その環境下にて測定しております。

しかしながら、充電は5Vで行われ最大電流値も2.5A程度でしたので、QC3.0規格で充電されているという訳では無い可能性もあります。

 

1回目 Aukey QC3.0対応充電器 + USBデータ通信ケーブル(1m)

 充電:27,002mAh 時間:16時間59分

f:id:mizunashi_rin:20161205124314j:plain

2回目 Aukey QC3.0対応充電器 + USBデータ通信ケーブル(10cm)

 充電:27768mAh 時間:12時間20分

f:id:mizunashi_rin:20161205124326j:plain

 

ここで例として取り上げさせていただいたのは、何回か実験したデータの1つです。

間違い無く言えるのは、長さの短いケーブルを使うと充電速度は間違いなく早くなります。基本的に細い銅線は距離にかなり弱い事は以前から分かっていた事ですが、ここまで変わるとは思いませんでした。

古い充電器や被充電器ですと、データ線が有る・無い・ショートさせてあるという事により、機器側で充電速度が決められる事もありましたが、現在はデータ通信ケーブルを使うのが最良の時代です。ある程度電力ラインが強化されていている製品があれば良いのですが、今回はとにかく短くして抵抗を減らすという方法で対処しております。

長いUSBケーブルと短いUSBケーブルを幾つか試した結果、短いUSBケーブルが全てにおいて早く充電できておりますので、この手の大容量のバッテリーを所持する場合には短いUSBケーブルが必修と言えます。

 

矛盾点

30,000mAhの製品なのに、27,768mAhしか入らないのは何故か?

考えられる原因として、

  • USBテスターが抵抗になっている(確かに作動させる為に電力を消費している)
  • 中にある2次電池の総容量を製品の総容量と表記している(1番可能性が高い)
  • 安全対策・電流・電圧制御用チップ内蔵で限界まで充電されない(安全策)

色々考える事はできますが、よくわかりません。

やはり、最近の特に大容量モバイルバッテリーは全て容量分の充電が出来ない事は確認しているので、表示に対しどれぐらい充電できるか?という所で評価するしか無さそうです。

 

結論

今回の場合、

 27,768mAh / 30,000mAh = 92.56%

という指標が成り立ちます。

そこで、こちらでは名前を伏せさせていただきますが、某バッテリーメーカーの20,000mAhの製品をテストした場合、80%に届きませんでした。

 

ここまでのテスト結果と、ネット上の情報サイトで色々と調べた結果、現在発売されているモバイルバッテリーの中では、容量重視する場合に於いて最高のモバイルバッテリーになると思います。

 

製品及びテスト環境

製品詳細については、Amazonのサイトで御覧ください。

 

なお、テストには以下の製品を利用しています。  

 

 

Fixkit 土壌水分計 湿度計センサー TL-H1 をテストしてみた

今回のレビュー商品は、こちらの「Fixkit 土壌水分計 湿度計センサー TL-H1」です。

f:id:mizunashi_rin:20161201132849j:plain

ズバリ、土壌の水分量(湿度)を測る機械です。

植物は光があっても水分が足りないと光合成できません。植物の水やりは朝に行うという事は一般的に行われていますが、こういった理由があるからです。

そして、水分を豊富に含んだ植物より、植物の種となると水分量は非常に少なくなり、5%〜20%となります。

植物が育つ色々な過程に於いて、水分管理は非常に重要となっています。

 

こちらの水分量測定器、大きさ・形状はこんな形になっています。

f:id:mizunashi_rin:20161201134102j:plain

メーター部はほぼ100円ライターと同じサイズで、センサー部が19.5cm。

実際に土の中に刺す長さは、5cm〜10cmの範囲で利用します。

 

この測定器の1番の特徴とも言えるのは、電源が要らない事です。

そもそも乾電池さえ入れる所が無く、土に刺すだけでメーターは機敏に動いてくれます。そして実売価格も1000円もしないというお手頃価格ですので、1つあるだけで色々な場所・鉢植え等に使えます。

保証も24ヶ月と長めの設定になっております。

 

実際の利用としては、

  1. 土に差し込む
  2. 数分待つ
  3. 値が緑の範囲にあるかを確認
  4. 土から抜く
  5. 丁寧に汚れを拭き取って保存

これだけです。

 

こちらは、実際に自宅の庭で測定してみた値です。

f:id:mizunashi_rin:20161201140153p:plain

12:00に測定していますが、MOISTの範囲内で適切な水分量になっている事がわかります。

 

一般の植物に関しては、水分量さえ間違えなければ問題はあまり発生しません。もし農作物等少し敏感な物を育てたい場合は、土の酸性・アルカリ性も調べる事が出来る機器を紹介している以下の記事を読んで見てください。

blog.minarin.moe

 

 

 

利用できなくなったAndroid版Monacoinウォレットから秘密鍵を取り出しデスクトップ版Monacoin-Qtウォレットで救済し利用する方法

Android版Monacoinウォレットは、2015年9月27日以降のMonacoin仕様変更により、それ以降のコインの出し入れが出来なくなっています。

私は、それを知らずにこちらのウォレットをインストールして使い始めました。

2016年の8月に何故か入金に成功しており、それ以降使っていなかったのですが、2016年11月に再度入金したところ、全く反映されないという状況に陥りました。

もしかすると、ブロックのデータベースが壊れている可能性があるという考えからデータベースの再取得を行うと、何度やっても下記の場所で止まる様になってしまいました。

f:id:mizunashi_rin:20161114021023p:plain

これを見る限り、450000ブロックにて仕様変更があった様です。

この変更により、このウォレットは仕様変更に対応しない限り使えないウォレットになりました。この記事を書いている時点では、未だ対応されておりません。

 

こうなってしまうと、秘密鍵を取り出して最新の仕様に対応している他のウォレットに入れれば問題は無いのですが、このアプリケーションのバックアップ機能の秘密鍵の書き出しを使用すると、パスワードの入力が必要で何かしらのエンコードが施された出力しか書き出せないという仕様でした。

正確にはパスコードを省略する様にする事もできますが、省略してもエンコードは施されており、純粋な秘密鍵を出力する事は不可能です。

 

しかしながら、兎にも角にも秘密鍵を書き出すしか方法がありませんので、以下の様にしてエンコードされた秘密鍵を取り出します。

 

1.左上の縦破線からメニューを出し、バックアップを選択します。

f:id:mizunashi_rin:20161114021902p:plain

 

秘密鍵のバックアップを選択します。

f:id:mizunashi_rin:20161114022518p:plain

 

3.適切なパスワードを付けてバックアップします。

f:id:mizunashi_rin:20161114022054p:plain

 

4.バックアップした秘密鍵の場所の表示がされます。

  続いて、アーカイブするかと尋ねられますので、アーカイブを選択します。

f:id:mizunashi_rin:20161114022143p:plain

 

5.アーカイブを選択すると色々な方法で秘密鍵を転送できるメニューが出ます

  ので、好きな方法でPC等に転送を行います。

f:id:mizunashi_rin:20161114022258p:plain

 

6.転送されたファイルの中身は、下記の様な実際の秘密鍵よりもかなり長い、

  文字の羅列になっています。

f:id:mizunashi_rin:20161114023323p:plain

この文字列を調べたところ、秘密鍵に対してパスワードを利用したAES 256bit CBC形式のエンコードがかけられているという事が分かりました。

 

7.openssl を使って文字列をデコードする

 まずは、opensslの使える環境にファイルを移動する必要があります。

 移動先にて、以下の様にコマンドを実行してください。

 

 $ openssl enc -d -aes-256-cbc -a -in エンコード文字列が書かれているファイル名

 enter aes-256-cbc decryption password: test  

  ↑ 秘密鍵をバックアップする時に使用したパスワードを入力しリターンキーを押します

 # KEEP YOUR PRIVATE KEYS SAFE! Anyone who can read this can spend your Bitcoins.

 TRQpijUnByVMqCxNh9HYb2JBjPc1WESHNdED27rsoC11JegLD5Xq 2016-07-29T00:56:40Z

    ↑この最後の赤い文字列がデコードされた秘密鍵となります

 

以下3行追記:2017/4/23

なお、うまく動作しない場合は、先にBase64のデコードを行ない、後からAES 256bit CBC形式のデコードを行う方法もあります。

 例) $ base64 -D -in エンコード文字列が書かれているファイル名 | openssl enc -d -aes-256-cbc 

 

 

8.Monacoin-Qtウォレットを起動して、ヘルプメニューのデバックウインドウを

  選択します。

f:id:mizunashi_rin:20161114025718p:plain

 

9.デバックウインドウの上の部分でコンソールを選択します。

f:id:mizunashi_rin:20161114030328p:plain

 上記の様に、一番下の空欄に下記の様に文字を入力します。

 importprivkey TRQpijUnByVMqCxNh9HYb2JBjPc1WESHNdED27rsoC11JegLD5Xq

        ↑赤い部分は先程デコードされた秘密鍵です。

 

正しく入力されている場合には、暫くの間ブロックチェーンを走査する作業が行われ最後にウォレットにそのアドレスにあるべきコインが現れ移行終了となります。

 

f:id:mizunashi_rin:20161114031046p:plain

こちらのウォレットは使えなくなってから1年以上経過しており、あきらめてしまわれた方もいらっしゃると思います。もし、現在でもAndroid版のウォレットがある場合は、こちらの方法にてmonaコインを救出してみてはいかがでしょうか。

1時間程で作物の育てかたを勉強してみた(まとめ)

この度、この品物が送られてきましたので、ちゃんと使いこなせる様に、勉強がてらまとめてみました。

これは、下記の測定ができます。

  • 土のpH値の測定
  • 土の中の水分量測定
  • 光量測定(ルクス)

f:id:mizunashi_rin:20161102124310j:plain

酸性度(pH

水素イオンの濃度の逆数の常用対数で求められる数値で、0(酸性)~7(中性)~14アルカリ性)を示します。

よって、水素イオン濃度が高いとpHが低くなり酸性に。

水素イオン濃度が低いとpHが高くなりアルカリ性になります。

適切なpH

作物はそれぞれ種類ごとに、酸性を好んだりアルカリ性を好んだりしますので、育てる作物によって適したpH値に合わせる必要があります。

日本の土

現在の日本の土壌は、一般的に酸性寄りです。

理由は以下の通り。

  • 雨が多いためアルカリ分(石灰分)が流される
  • 雨そのものが酸性になっている
  • 化学肥料の使用(多くが酸性肥料な為)
作物からの影響

作物が根から養分を吸収する時に、根から水素イオンを出します。

この為、作物を育てていると土壌は酸性に傾きます。

pHの調整方法
・酸性土壌をアルカリ性にする

有機石灰」や、「草木灰」等のアルカリ性資材を土に入れます。

・アルカリ土壌を酸性にする

石灰の過剰投入や、雨が入らないハウス栽培はアルカリ性になりやすいので、「硫安」「塩安」「硫加」などの肥料を土に入れます。

また、トウモロコシやソルゴーなど「クリーニングクロップ」と呼ばれる作物(イネ科植物)を育てる事により、アルカリ性物質を取り除く事ができます。

 

水分量計

水分は作物を育てる上で必修ですが、必要以上に水分を与えると根が腐ってしまったり、虫が発生する事があります。

逆に十分な水を与えてないと、うまく成長せずに枯れてしまったりします。健康な状態を保つ為には、適切な水分量にする必要があります。

ただし、土と水の関係はもっと複雑で、農作物の場合には、pF値「水分量ではなく、水分状態(水分張力)」を利用する事が多いです。

pF値の場合、土の種類も考慮されるため、正確な発育状態の管理を行う事ができるという利点があります。

 

ルクス計

まず植物が枯れない程度に必要な明るさの事を専門用語で『光補償点』と呼びます。こちらの値は育てる植物によって全く異なりますので、まずは調べる必要があります。逆に『光飽和点』という最大でどこまで耐えたれるかという数値もありますが、殆どの植物は快晴の太陽でも問題なく耐えられますので、気にする必要はありません。

どちらかといえば、この機能は日陰で植物を育てる場合に、最低限の光量が得られているかという測定に向いていると考えます。

 

 

MOSFETを利用した電流の吸い込み

前回の記事では、USB電源から電流を吸い込む為に抵抗を使った機器の紹介をしました。

まだ読まれていない方は、以下の記事を先に読んでいただけると嬉しいです。

blog.minarin.moe

 

今回は、MOSFETを利用して同じ様な事をしてみたいという事で、こちらの機器を用意しました。

  f:id:mizunashi_rin:20161024003134j:plain

  f:id:mizunashi_rin:20161024003213j:plain

この装置は、青色の半固定抵抗(ツマミ付き)と下写真中央のMOSFETで電流値をコントロールしています。

前回と同じ様な事をする為、小さなMOSFETにはヒートシンクが直付されています。

製品の性能としては、

 

・動作電圧 DC 3.7〜13V

・連続電流 0.15〜3.0A

・最大消費電力 15W

 

と、かなり融通が効く製品になっています。

 

そして、何より前回と違うのが、大きさです。

  f:id:mizunashi_rin:20161024004301j:plain

手に取ると更に小さく感じられます。流石です。

 

<特徴>

・3.0A以上の負荷をかけようとすると半固定抵抗が空回りします

・半固定抵抗は低感度です(細かい調整が可能)

・かなり小さいのでファンガードがついていませんので注意してください

 (ファンを壊さない様にという意)

 

注意点及びまとめについては、前回と同じですので今回は省略します。

以下の様なお遊びは、程々に・・・(こ、こいつ出来るぞ!

  f:id:mizunashi_rin:20161024005607j:plain

 

<商品詳細ページ> 

  [ShopU] USB電子負荷 UEL003

  

マイニングより酷い電気の浪費方法!?

<電流吸い込み装置の紹介>

普段PoW(Proof of Work)型コインのマイニングを見ていると、どれぐらい電気無駄遣いしているんだろうかと時々思い出したかの様に考えてしまします。

これから紹介する方法は、PoWより酷い、全く価値を生み出さない電気の浪費方法となります(言い過ぎ?)。

 

最初に紹介するのはこれ。

ラズパイでも何でも無い、USBから出力される5Vの電気を抵抗を使って熱に変えるシステムです。

  f:id:mizunashi_rin:20161023220645j:plain

  f:id:mizunashi_rin:20161023220919j:plain

 

このシステムは、4つの10W抵抗をそれぞれオン・オフできるスライドスイッチがついているのが特徴になります。

写真上から0.25A(20Ω)・0.5A(10Ω)・1A(4.7Ω)・2A(2.2Ω)となっており、組み合わせで流れる電流値を調整します。

全てオンにすると、3.75Aを流す事も可能となっておりますが、ここまで流そうとすると多くの場合は供給側のUSBの限界を超え、電圧の急降下が起きてしまいます。

ある意味、どの電流値まで5V前後を安定して出力できるのか? という情報を知る事が可能という事になります。

 

そして、実際の測定では、物好きな人は必ず持っていると言われている、「USB電圧・電流チェッカー」を間に挟んで測定します。1番左の黒い箱はモバイルバッテリーです。

  f:id:mizunashi_rin:20161023222856j:plain 

 

この場合、iPad等で使用されている最大電流2.4Aを確実にクリアしつつ電圧も5V以上をしっかり保ち続けています。このモバイルバッテリーは、製品仕様にて5V/2.4Aを保証していますので、製品の性能通り良いモバイルバッテリーだと評価の1つを考察できます。

 

なおこれらの測定における注意点は以下の通りです。

・製品の仕様以上の負荷をかける場合は壊れる可能性があります

・低抵抗な抵抗は非常に消費電力が高いので発熱に十分注意すること

 

<まとめ>

これらのテストは、充電器に対するテストであり、この性能で被充電機器が充電される訳ではありません。

また、一般のUSBで充電できる機器(スマートフォンタブレット他)は、機器側で電流制御しています。そういった目的の場合は、素直にこの熱変換装置を使わずに機器そのものを繋いで下さい。特に最近の機器は、充電残量の変化により流す電流量が変化します。

 

<次回>

写真で気づかれている方もいらっしゃるかと思いますが、固定抵抗を使った装置ではなく、MOSFETと半固定抵抗を使った無段階負荷切り替え装置の紹介を行います。

 

<商品紹介>

  [ShopU] USB抵抗 0.25A/0.5A/1A/2A切替 冷却ファン付き USB電源負荷