みなりん*のブログ

内容はなんでもありです。暗号通貨に特化している訳ではありません。

1時間程で作物の育てかたを勉強してみた(まとめ)

この度、この品物が送られてきましたので、ちゃんと使いこなせる様に、勉強がてらまとめてみました。

これは、下記の測定ができます。

  • 土のpH値の測定
  • 土の中の水分量測定
  • 光量測定(ルクス)

f:id:mizunashi_rin:20161102124310j:plain

酸性度(pH

水素イオンの濃度の逆数の常用対数で求められる数値で、0(酸性)~7(中性)~14アルカリ性)を示します。

よって、水素イオン濃度が高いとpHが低くなり酸性に。

水素イオン濃度が低いとpHが高くなりアルカリ性になります。

適切なpH

作物はそれぞれ種類ごとに、酸性を好んだりアルカリ性を好んだりしますので、育てる作物によって適したpH値に合わせる必要があります。

日本の土

現在の日本の土壌は、一般的に酸性寄りです。

理由は以下の通り。

  • 雨が多いためアルカリ分(石灰分)が流される
  • 雨そのものが酸性になっている
  • 化学肥料の使用(多くが酸性肥料な為)
作物からの影響

作物が根から養分を吸収する時に、根から水素イオンを出します。

この為、作物を育てていると土壌は酸性に傾きます。

pHの調整方法
・酸性土壌をアルカリ性にする

有機石灰」や、「草木灰」等のアルカリ性資材を土に入れます。

・アルカリ土壌を酸性にする

石灰の過剰投入や、雨が入らないハウス栽培はアルカリ性になりやすいので、「硫安」「塩安」「硫加」などの肥料を土に入れます。

また、トウモロコシやソルゴーなど「クリーニングクロップ」と呼ばれる作物(イネ科植物)を育てる事により、アルカリ性物質を取り除く事ができます。

 

水分量計

水分は作物を育てる上で必修ですが、必要以上に水分を与えると根が腐ってしまったり、虫が発生する事があります。

逆に十分な水を与えてないと、うまく成長せずに枯れてしまったりします。健康な状態を保つ為には、適切な水分量にする必要があります。

ただし、土と水の関係はもっと複雑で、農作物の場合には、pF値「水分量ではなく、水分状態(水分張力)」を利用する事が多いです。

pF値の場合、土の種類も考慮されるため、正確な発育状態の管理を行う事ができるという利点があります。

 

ルクス計

まず植物が枯れない程度に必要な明るさの事を専門用語で『光補償点』と呼びます。こちらの値は育てる植物によって全く異なりますので、まずは調べる必要があります。逆に『光飽和点』という最大でどこまで耐えたれるかという数値もありますが、殆どの植物は快晴の太陽でも問題なく耐えられますので、気にする必要はありません。

どちらかといえば、この機能は日陰で植物を育てる場合に、最低限の光量が得られているかという測定に向いていると考えます。